インプラントを長続きさせる為には?

インプラントは半永久的に使えますが、やはり定期的なメンテナンスは必須です。
そして実は、メンテナンスの他にもインプラントを長続きさせる為に、二次手術として遊離歯肉移植術が行なわれる場合があります。

歯周病や虫歯、その他やむを得ない理由で歯を失ってしまった場合、徐々にその周囲の骨や歯肉も痩せていってしまいます。
インプラント周囲の歯肉が柔らかいままですと、ブラッシングがしにくく汚れが溜まりやすくなってしまったり、炎症を起こしてしまった場合の対処が難しかったりする事が考えられます。
そういった場合、先ほど記載した遊離歯肉移植術が推奨されます。

遊離歯肉移植術を併用する事で、インプラント周囲の健康が保てるだけでなく、インプラント自体の長期間の安定性を得る事が可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です