喫煙とインプラントの関係

喫煙とインプラントはあまり関係ないように思えますが、実は喫煙がインプラントに及ぼす影響というのは思っている以上に大きいのです。

例えば喫煙する事で血管が再生されにくい状態になり、粘膜の閉鎖がおきにくくなってしまいます。
するとインプラント手術を行なった時、感染しやすい状態になってしまうのです。
更に喫煙している方、またはしていた方のインプラント治療を行なう際、最低限の単純な処置しかできないという医師もいます。
大きな手術や骨造成というような処置は大きな治療の一環になりますので、医師の方から断られてしまう事も少なくありません。

また万が一インプラント治療を行なえたとしても、その後も変わらずに喫煙をする事は、インプラントの寿命を縮める事になってしまいます。
このように喫煙患者にインプラント治療を行なうのは、医師にとっても大きなリスクが伴いますので、断る事が多いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です