歯周病と口臭の関係

歯周病と口臭には密接な関係があることは以前から言われており、歯周病になると口臭が酷くなることは今では多くの方がご存知のことだと思います。
しかし一言で口臭と言っても、歯周病が原因の口臭というのは大きく分けて3つもあるのです。

まず1つ目は歯周ポケットに溜まった細菌が発酵、腐敗することで物が腐ったような口臭、2つめは歯周病による歯肉炎で歯茎からの出血があることで起こる血なまぐさい口臭となります。
そして最後は歯周病が進行していることで歯茎の中に溜まってしまった膿による口臭です。

歯周病による口臭が原因なら、改善できるのももちろん歯周病治療になりますので、腐ったような臭い、血なまぐさい臭い、膿んだ臭いが口からするようでしたら、すぐさま歯科医院で治療を受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です