入れ歯の種類と違い

一言に入れ歯と言っても、自費診療だったり保険診療で使われる素材やそれに伴う熱や力の伝わり方、強度や痛みが大きく変わってきます。

自費診療の特徴として金属の入れ歯が使われることが多く、保険診療よりも強度が高くて薄いため、装着感が少ないのが大きな魅力です。
金属板は保険診療で使われるレジン板の3分の1の厚さしかなく、装着感が少ない以外にも舌の動きが自由で発音機能にも優れているのがポイントでしょう。
また金属の特徴でもある温度の伝達が早いことから、味覚的にも良い影響を与えると言われています。

もちろんそれぞれにどの治療法が良いのかは変わってきますので、医師と良く相談した上で決めるようにするのが最も安心・安全です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です