歯ブラシの保管方法

皆様は歯を磨いた後の歯ブラシはどうやって保管していますか?
保管の仕方が良くないと、歯ブラシに菌が繁殖してしまったり、早く歯ブラシがダメになってしまう可能性があります。

例えば家族全員分の歯ブラシが一ヶ所にまとめておいてある、という場合は注意が必要です。
歯ブラシのヘッド部分が少しでもあたっていると、他の歯ブラシから歯ブラシへ菌が繁殖してしまうこともあり、不衛生な歯ブラシとなってしまいます。
出来れば歯ブラシは一人ずつ、ヘッドを上にして立てて保管するようにしましょう。

またヘッド部分にカバーを付けるタイプのものがありますが、出来ればカバーもしない方が良いです。
歯磨きをし終わった後、つまり濡れている状態のままカバーをしてしまうと、歯ブラシに湿気がある状態が続いてしまい、菌が発生・繁殖してしまいます。
歯ブラシは通気性・風通しの良い所で保管するのが非常に大切なポイントとなる為、カバーをしなければならない時はブラシがしっかり乾燥しているかをしっかり確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です