インプラントを用いた総入れ歯

入れ歯の中にはインプラントを用いた種類のものも存在しています。
通常のインプラントと同じく、インプラントを埋入するための外科手術を行い、その上に入れ歯を作る方法です。
通常の総入れ歯よりも最低2本のインプラント埋入が必要になってしまいますので、その分費用がかかってしまいます。

このようにインプラントを用いた総入れ歯は患者の身体的、金銭的負担が大きくなってしまいます。
しかし、インプラントを土台にして取り外し可能な入れ歯を付けることで通常の総入れ歯で起こりがちな問題が解消され、特に物を良く噛めるようになれるのが大きな魅力として挙げられます。

インプラントを用いた総入れ歯は、インプラントと比べて外科手術も金銭面でも最小限で抑えられ、総入れ歯と比べると入れ歯が安定することでズレる心配も殆ど必要なく、噛む力も通常の総入れ歯より強くなるというようなメリットがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です