子供の頃に矯正治療を行なうメリット

歯並びが悪くなる原因には顎の成長不足で歯が入りきらなくなってしまっているケースと、顎の位置が悪いことで噛み合わせが悪くなっているケースが挙げられます。
これを治療するのに最も適しているのが、子供の成長を利用する治療方法です。

顎が小さいのなら矯正装置や訓練を行なうことで広げ、顎の位置が悪いのなら同様に矯正装置や訓練で正しい位置に顎を持っていきます。
大人の場合だと既に成長が終わってしまっているため顎を広げることが出来ず、顎に合わせる為に健康な歯を抜いて治療をしなければなりません。
顎の位置を修正するのも出来なくはないですが、顎の整形が必要だったりとかなり難しい治療になります。

これらのことから、子供のうちに矯正を行なってしまうのは大きなメリットとなるといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です