インプラントとブリッジはどちらがいい?

抜歯をした後、その歯を保管する為に出来る治療法は部分入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。
特に抜歯した歯が一本だけという方は、ブリッジにするかインプラントにするかで悩むことが多いです。
その時に注意して欲しいのが周囲の歯の状態で、抜歯後の対応によって周辺の歯が健康でいられるか抜歯した歯と同じ運命になってしまうのかが決まってしまいます。

ブリッジは抜歯した歯の両側の歯を土台にして架け橋を架けるように治療する方法で、使い心地も見た目も自分の歯のように使えます。
しかし、両脇の2本の歯で無くなった歯を含めた3本分の歯の衝撃や負担を支えなければならないので、両脇の歯が神経を抜いてしまっていたりして弱っていると、その負担に耐え切れずに割れてしまう可能性もあります。

このようにブリッジ治療は両隣の歯の寿命を縮めてしまうことがあるので、両隣の歯の状態を見てブリッジかインプラントにするか決めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です