予防歯科で口臭を無くす

予防歯科で連想されるのは、虫歯や歯周病を事前に予防するというものですが、実は予防歯科では口臭が出ないようにする効果も含まれています。

口臭の原因の殆どの割合を占めるのが、歯と歯茎の間に挟まった細菌や汚れが腐った臭いや、舌の表面にこびりついた汚れの臭いです。
こうした汚れは口腔内のクリーニングで綺麗にとってもらうことで、虫歯予防にも繋がりますし、口腔内の他に原因があると思われる場合にはその原因を調べて取り除く治療が行なわれます。

また、実は臭いを持っていないのに口臭が気になってしまう「自臭症」と呼ばれる状態もあり、こうした場合も歯科医院で対応してもらえるので、口臭が気になる方は相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です