入れ歯・差し歯・矯正装置のトラブル対処

差し歯が取れてしまった、前治療した被せ物が取れてしまった、矯正器具が壊れてしまった、入れ歯が割れてしまった・・・そうしたトラブルが起こってしまったときはすぐに歯医者に行くのが正解です。
しかし、休みだったり時間外だったりすると必ずしも対応してもらえるとは限りませんので、対応してもらえるまで正しい応急措置をする必要があります。

例えば入れ歯が割れてしまったという時、歯医者に行くまで取り敢えず接着剤で繋げておけばいい・・・なんて考えてしまっていませんか?
入れ歯をぴったりとくっつけるのは難しいですし、ズレた入れ歯を使っていると噛み合わせ等にも影響が出てきてしまいます。
壊れた入れ歯は装着せずに、口腔内をいつも以上に清潔にすることを心がけて、出来るだけ早く歯医者へ行きましょう。

差し歯も取れてしまったら自分ではめようとはせず、取れた差し歯を清潔に保存しておいて歯医者に持っていきます。
また、歯並びを整える為の矯正装置は、ブラケットが外れてしまうというトラブル、ワイヤーが飛び出すトラブルが多いです。
矯正装置は非常に精密に出来ているので自分で直そうとしてはいけません。
歯科用の柔らかいワックスを適度な大きさにまるめ、故障箇所に貼付けて措置してください。
ワックスがない場合はガーゼ等を使って保護して措置したら、すぐにかかりつけの矯正歯科医に連絡しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です