歯の自費診療と保険診療

歯科治療には保険診療と自費診療の2つの診療方法を選ぶ事ができます。
保険診療と自費診療にはそれぞれ選べる治療方法や値段に大きな違いが出てくるので、実際に治療を受けるときはしっかり話を聞いてから決めるようにしましょう。
保険診療だと年齢に応じて最大3割負担で治療をすることになるので金銭的負担は少ないですが、選べる治療法に限りがあります。
自費診療だと治療費を全額負担しなければならない代わりに、選べる治療法の選択肢がグッと広がります。

分かり易い治療として、例えば詰め物や被せ物が必要になった時を例にしてご紹介します。
保険診療だと被せ物や詰め物の素材として、レジンや銀歯などの材料費の安い合金しか使用することが出来ません。
安価な分金銭的負担は確かに少ないですが、劣化しやすかったり見た目が良くなかったりします。

一方で保険診療にすると、基本的にどんな材料の被せ物でも対応してもらえます。
例えばセラミックやジルコニア等の高級な素材を使えるので、強度や見た目の良さも高い治療を受けることが可能です。
もちろん全額負担ですから、かなりの費用を必要とする場合も出てきます。

自由診療にするか保険診療にするかは初診の時に聞かれますので、自分の希望する診療を選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です