インプラントを使った入れ歯「インプラントオーバーデンチャー」

インプラントオーバーデンチャーとは、現存している歯やインプラントを入れ歯で覆いかぶせて、被せたそれらの歯を支えとして使う入れ歯です。

通常の入れ歯は粘膜のみで噛む力全てを支えるため、人によっては痛みが強く出る事から、噛む時にあまり力を入れられないということもありました。
しかし、インプラントオーバーデンチャーなら、歯でインプラントが入れ歯を支えるため、噛む力も大きくなり、色んなものが食べられるようになります。

取り外しも容易ですから、残った歯のお手入れ、インプラントのお手入れも容易で、今後もしっかり残していく事が可能です。
デメリットとしては、噛む力が大きくなることから入れ歯が割れやすくなる事、そしてインプラントにも負担がかかりやすい事でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です