オールセラミックのメリット・デメリット

白くて天然歯とも見分けがつきにくいことで人気のオールセラミックは、特に審美性が求められる前歯治療などに最適です。
オールセラミックには多くのメリットがありますがそれと同時に知っておきたいデメリットもありますので、今回はそのメリットとデメリットをご紹介いたします。

まずメリットですが、これはなんと言っても仕上がりが天然歯と見分けつかないほどの自然さになるということでしょう。
自分の他の歯に合わせた色味を使用するため、オールセラミックの部分だけ白すぎて不自然に見えるということもありません。
そして汚れがつきにくく着色や変色などの経年劣化が少ないのも魅力の一つです。
またオールセラミックは金属を使わないため、金属アレルギーの方でも安心して使えます。

一方でデメリットとして挙げられるのは、自費診療になることで高い料金になるということです。
種類によって前後はありますが、1本でも安くて8万円程度、高いと20万円近くすることもあります。
更にオールセラミックはその名の通り全てセラミックでできているため、他の素材と比べると強度が劣りがちになってしまいます。
少しでも壊れてしまうと1本丸々作り直す必要があるので、食いしばりクセなどがある方には向かないかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です