骨が少ない人のインプラント治療

インプラント治療は、骨が少ない方は困難であると言われています。
インプラントとは別に人工的な骨を作ったり、体の他の箇所から骨を持ってきて移植する、という方法もありますが、そこまでする方殆どいません。
特に上あごの骨は、どんな方でもインプラントを埋めるには骨が少ないと言われており、高い技術が必要とされています。

そんな中、骨が少なくてインプラントが困難と思われた人でも、インプラントが可能になる新技術「オステオトームテクニック」が注目を浴びています。
この最新技術で治療を受ければ、従来の方法よりも最大1年以上早く治療を終わらせられるだけでなく、手術箇所も1ヶ所で済む、切開箇所が少なくなる、という大きなメリットがいくつもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です