インプラントのデメリット

インプラント治療を考えるとき、インプラントと天然歯との違いをしっかり理解して、後々のトラブルを防ぐ事も大切です。
特にデメリットについても把握しておかないと、思いも寄らないトラブルに合ってしまいます。

まず、インプラントは金属で出来ているので、虫歯になるという事もなく、正しく使っていけば天然の歯よりも丈夫と言えるでしょう。
しかし、そんなインプラントでも天然歯でも気をつけなければならないのが歯周病です。

天然歯には食べカスが歯と歯茎の間から入ってこようとするのを、排出する役割があります。
しかし、インプラントにしてしまうとその働きが無いため、インプラントと歯茎の間に食べカスが入ってしまっても吐き出す事が出来ません。

そのまま放置してしまいますと、インプラントが歯周病にかかってしまうので、定期的なお口のクリーニングが非常に大切になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です