インプラントをいれたら禁煙すべき?

喫煙家の方でインプラント治療を受けようと思っている、インプラント治療を受けたという方は喫煙について注意しなければなりません。
なぜならインプラントとタバコはとても相性が悪いからです。

例えば喫煙している方は口の中が乾燥しがちになることで、虫歯や歯周病を引き起こしやすい口腔内になっていることも相性が悪いという理由です。
インプラント治療をした後に気をつけなければいけないのが歯周病です。そんな歯周病を引き起こしやすい状態を煙草によって作ってしまうことになります。
またタバコ自体の成分によって、歯茎の血流が阻害されることで更に歯周病のリスクが上がってしまいます。

もしインプラントがある状態で歯周病になってしまうと、インプラントを支えている歯茎や骨が歯周病菌によって破壊されてしまいます。
支えを失ったインプラントは本来の寿命を迎えること無く不安定になり、最悪の場合、インプラントが取れてしまうということもありえるのです。

このようにインプラントと喫煙はとても相性が悪いため、もしインプラント治療をするなら禁煙をしてからをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です