インプラントの痛みについて知っておこう!

インプラント治療はどのくらい痛むのかと気になっている人もいるかもしれません。

インプラント治療は手術時と術後と抜糸のときに痛みが出ると言われていますが、個人差がありますし、インプラントの治療方法によっても痛みが異なるのだそうです。

インプラント治療では麻酔が使われていますが、例えば自分の骨を移植する手術方法は骨を取ってきた場所が痛む場合があると言われていますし、歯茎を移植する方法も歯茎を取ってきた場所が痛みやすいのだそうです。

術後には痛み止めや抗生物質が処方されますが、人によっては痛み止めが効きにくかったり、1週間くらい痛みが出る場合もあると言われていますよ。

個人差がありますが、術後に歯や顔が腫れる可能性もありますので、それを考慮した上で予約すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です