インプラントにも種類がある?

インプラントにも種類がありますので、インプラント治療を受ける前に

インプラントの構造として、1ピースタイプはインプラント体とアバッチメントが一体化していて連結のための手術が必要ないため、体への負担を軽減できるだけでなく費用を抑えられますが、骨が薄いなど口腔内の状態によっては選べません。

2ピースタイプはインプラント体とアバットメントを連結して使用するため、ネジを連結させるための手術が必要になりますよ。

また、手術方法も2種類があり、1回法は手術が1回だけで済む方法でから体への負担が少なくて費用も抑えられますが、感染リスクがあり、骨の状態によってはこの方法を選べないのです。

2回法は手術を2回行う方法であり、成功率が高くて感染リスクが低いため安全面でも信頼できると言われていますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です