インプラントがダメになってしまったら

インプラントは半永久的に使えるのが魅力の一つですが、口腔内の環境がよくなかったり、噛み合わせが悪かったりと、様々な理由でダメになってしまうことがあります。
例えばインプラントがぐらついていたり痛みが出てくるようになったという場合は、インプラントに不調が起こっている可能性が高いです。異常を感じたらすぐに歯科医院に相談するようにしましょう。

インプラントが一度ダメになってしまったとしても、同じ場所に再度インプラント治療をするこtが可能です。しかし、再度インプラント治療を行う前に、インプラントをダメにしてしまった原因から除去していかなければなりません。
例えば口腔ケア不足でインプラント周囲炎などのトラブルが起こっていた場合は、まずそこから治療していく必要がありますし、あまりにもひどい状態の場合は再治療が困難というケースもあります。
いずれにせよ、インプラントがダメになってしまった場合は歯科医院と相談することになりますので、万が一のことを考えて自分はどうしたいのかを決めておくと安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。