ブリッジとインプラントの比較

ブリッジもインプラントも似たような使い心地で使えますが、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

ブリッジは自分の歯と殆ど変わらない感覚で使えること、入れ歯と違い取り外してお手入れをする必要もない点が大きなメリットです。
インプラントよりも安価に治療することが出来ますので、予算の面でもインプラントより取っ付きやすいと思います。
しかし、長期的に見るとブリッジには大きなデメリットが存在しています。
ブリッジは失ってしまった歯の両隣の歯を削り土台にすることで、橋渡しして補う治療法です。
削ってしまった歯はもちろんそれまでと違って弱くなってしまいますし、2本で3本分の負担を担うことになってしまうので土台の歯にヒビが入ってしまうこともあります。

インプラントは料金こそ高いものの、これらのブリッジのデメリットを解消しているのが特徴です。
インプラントは無くなった歯の部分に人工歯根を埋め込み、その上にセラミック等で出来た歯を被せる治療法なので、他の健康な歯をそのまま残すことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です